2017年6月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

固定ページ

結婚式で着たウェディングドレス

「ウェディングドレスを着るなんて人生に1回しかないんだよ?」と、私が父に言ったのは、父がウェディングドレスを購入してくれると言って聞かないからでした。これは、私が今の旦那さんと結婚をするにあたって、その結婚式で着るウェディングドレスについて相談をしていたときの出来事です。結婚式というと、そこで着る衣装とは、ほとんどがウェディングドレスだと思います。実際に私も、ウェディングドレスを着用してその式に出るつもりでいたのですが、それは式場でレンタルをしようと考えていました。というのも、ウェディングドレスを着る機会というのは、この結婚式以外にあらず、きっとほとんどの方がレンタルしたウェディングドレスを着用されるのではないでしょうか。私はこれまで、何度か親戚や友人の結婚式に出席させていただいたことがあったものの、ウェディングドレスを購入したという話は聞いたことがあらず、式場でレンタルすることが当たり前かと思っていたほどです。

しかし私の父は、これを結婚祝いの品として購入してくれると言って聞かなかったのです。これには私も旦那さんも驚いてしまいましたが、せっかくの父の気持ちを無駄にしたくもなかったため、そのお言葉に甘えて、ウェディングドレスを購入してもらうことにしました。そこで私は、自分のウェディングドレスを選ぶこととなったのですが、購入するとあって、妥協することなく選ぼうと思い、とても時間を費やすこととなりました。とりあえず考えていたのは、スカート丈の短い真っ白のミニドレスということでした。

そのため、パンフレットでそれだけに絞込み、お店で用意していただくことにして、そのミニドレスだけを見比べて選びました。最終的に決めたのは、背中に大きなリボンのついたもので、前から見るととてもシンプルなのですが、ところどころにあしらったレースが可愛らしく、とても気に入ったドレスでした。そうして父に購入していただき、私はこれを着て結婚式に出ることとなったのです。レンタルではない、自分だけのウェディングドレスということに、きっと普通の花嫁さん以上に幸せな女の子の経験ができたと思います。そのときに着たウェディングドレスは、もちろん今でも大切に保管をしていて、これを見るたびに父の優しさを思い出してしまいます。これからもずっとこのウェディングドレスを大切にしていきたいです。私の結婚式は、きっと世界で1番に幸せなものでした。